多摩川の渡し
“多摩川の渡し”
江戸時代の多摩川は、軍事上や堤防作成の技術的な利用から橋よりも舟による渡しが主流でした。小河内から河口に至るまでには、39ヶ所の渡しがありました。
川に橋を架けるということは、近代以前では大変難しく、有力な街道の渡河点でも橋がなく、多くは渡し舟によっていました。
 1600年(慶長5年)に東海道が多摩川を渡る六郷では、長さが120間(約218m)の六郷大橋が架けられました。しかし洪水のために何回も流れ去り。一時仮橋の時代もありましたが、1874年(明治7年)までは六郷の渡しとして橋のな状態が続きました。また、甲州街道の日野の渡し、日光街道の拝島の渡しのほか、大山街道の二子の渡し、津久井往還の登戸の渡しのような脇往還の渡船場も発達していました。
このように主に旅人が渡る渡船場が多く、また発達していたことかが江戸に近い多摩川の渡船場の特徴であったといえます。しかし、一方で、多摩川で最後まで残った菅の渡し(昭和48年廃止)などの生産物の出荷や対岸の田畑耕作に主として利用された作業渡しがあったことも忘れてはなりません。
<参考文献:「多摩川史」建設省京浜工事事務所>


※現在、川崎市内にあった渡しをまとめています。

No 渡し場の名称 用途 廃止年 廃止の理由
1
24 上菅の渡し(矢野口の渡し) 昭和10年 多摩川原橋の架設
25 菅の渡し 昭和48年 京王相模原線の開通
26 下管の渡し(上府田の渡し) 昭和10年 多摩川原橋の架設
27 中野島の渡し 作業渡し 不明 都市化
28 登戸の渡し 不明 都市化
堰の渡し
29 宇奈根の渡し 作業渡し 不明 都市化
30 二子の渡し 大山街道 大正14年 二子橋の架設
諏訪の渡し
北見方の渡し
31 下野毛の渡し(野毛の渡し) 作業渡し 不明 都市化
32 宮内の渡し 昭和10年 丸子橋の架設
33 丸子の渡し 昭和10年 丸子橋の架設
34 平間の渡し 作業渡し 昭和6年 都市化
35 矢口の渡し 鎌倉街道 昭和24年 多摩川大橋の架設
36 小向の渡し 不明 都市化
37 六郷の渡し 東海道 明治6年 左内橋(六郷橋の前身)の架設
六郷渡しの下の作場渡し
新渡し(中瀬の渡し)
38 新渡し(大師の渡し) 昭和14年 大師橋の架設
39 羽田の渡し(六左衛門の渡し) 昭和14年 大師橋の架設